保育士試験について知りたい!

保育士試験について知りたい!

保育士試験について知りたい!

保育士は、国家資格であり、専門的な知識や技術を持って乳幼児、児童に対してのしつけや保育、そして子供の保護者に対する保育指導やアドバイスなどを行うのがおもな仕事です。保育士を目指して保育士の資格試験を受験するなら、まずは受験の手引きを取り寄せて試験に関する概要や日程などを把握しておく必要があります。

 

保育士は、誰でも無条件に目指せるというものではなく、厚生労働大臣の指定を受けた保育士を養成するための専門学校や短大、大学、養成施設などを卒業した人で、保育士試験に合格した人に資格が付与されます。

 

保育士の国家試験の内容は、おもに筆記試験と実技試験に分かれており、筆記試験の内容は、保育原理・児童家庭福祉・子どもの保健・子どもの食と栄養・保育の心理学・社会福祉などです、実技試験においては、保育実習実技について実施されています。

 

保育士試験の受験について、申請手続きに必要な物は、受験申請書でこれは受験の手引きに同封されています。受験資格を証明するための書類が必要であり、最終学歴の卒業証明書を同封します。なお、受験者によって、必要とされる書類が異なる場合がありますので、受験の手引きを熟読して、確認しておきましょう。受験の手引きには、払込票が同封されており、受験料が必要となりますので、締切日までに振込しなければなりません。

 

受験の手引きは、毎年4月より請求の受付や配布が開始されていますが、請求方法の詳細は2月中旬頃に公開されますので、受験を希望している方は要確認です。
保育士になりたいなら⇒保育士になるには【最短で保育士資格取得するために】

ホーム RSS購読 サイトマップ